スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この汚れにも原因はある

DSC00259.jpg DSC00287.jpg    

                                                                                                                                                  
  これは、屋上の立ち上がりの壁の汚れです。何ケ所かだけ汚れがひどいので、不思議に思って、どうしてかと清水建築工房に聞いたところ、端のところだから、雨が集中して流れるからでしょうねと、素知らぬ顔をしていました。問題は何故そこに水が集中するかなのです。この建物を見てもらった、ある建築会社の方は、壁と、上に貼ってあるアルミの笠木の間に手を入れてみていました。ここだけ、壁との隙間が空いていないのです。そのために、ここに集中して水が流れ汚れるのです。既成のものを無理やり加工もろくにしないで、貼ったためにこのような現象が起きたのです。雑な施工は、後でこのようにわかってしまうのです。職人として、恥ずかしいと思わないのでしょうか。
スポンサーサイト

屋上の外壁は亀裂だらけです

 












屋上の外壁は、亀裂だらけになっています。

窓の角に亀裂ができてきます

DSC01453.jpg DSC01455.jpg
DSC01459.jpg
窓のコーナーに亀裂ができています。シーリングをしても、さらにその先が割れてきます。

外壁の亀裂はどんどん広がってきています

DSC01409.jpg 

シーリングをしても、さらに亀裂ができてきます。

床下に丸鋸の歯や残材が放置されています

Windows Bitmap 


床下に放置された残材。奥には。丸鋸の歯が置きっぱなしにしてあります。

こんな木組みで大丈夫でしょうか。

DSC00182.jpg 

これは天井の木組みです。まだ専門家の方には見てもらっていません。ずいぶん隙が開いています。こんな組み方で大丈夫なのでしょうか。金物による支えが必要なのではないでしょうか。

洗面台のタイルの施工1

洗面1 

洗面2

洗面台の雑な施工2

洗面3 

洗面4

洗面台の雑な施工3

洗面5 
洗面6 
洗面7

タイルの目地の間からキノコが生えてきました。

きのこ1 

きのこ2 
 









ここは前にも紹介した1階洗面台の洗面ボール周りです。その目地の間から、あっという間にキノコが生えてきていました。目地の亀裂に水が溜まり、キノコが生育できる環境になったのでしょう。本当におそまつで、失笑してしまいます。

プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。