スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「清水建築工房」が、鎌倉に開発計画?

    昨年10月初旬、「清水建築工房」とY設計が共同で、鎌倉一帯の宅地開発と住宅販売を行うとの情報が入りました。鎌倉市からはすでに造成の一部許可が下り、あとは建築許可が下りれば、すぐに工事に取り掛かるという状態にまで、話は進んでいたのです。
    しかし、そこは急斜面の雑木林で、住宅としては非常に危険であるということから、近隣住民の間で反対運動が起きました。近隣の方に直接お話しを伺わせて頂くことが出来ました。その方は、「清水建築工房」について、短期間の間に驚くほどの情報を集められていて、「清水建築工房」が、神奈川県により監督処分を受け、建築業の認可を取り消されているという事まで調べられておられました。にも関わらず、「清水建築工房から発注を受けた」と明言していたY設計の人は、「清水建築工房」の社長とどういう関係にあるのか、その事実を全く知らされていない様子だったと言います。 
私は、早速、知り合いの不動産屋さんに依頼して、現地調査に行って頂きました。そこは、道幅の狭い、急斜面の雑木林だったそうです。急斜面の雑木林は、木を伐採して根っこを抜き、杭を打ち込み、宅地として整地をするまでに、まともにやれば、莫大なお金がかかります。採算が合わないので、普通の不動産屋はまず手を出さない場所だと仰っていました。「清水建築工房」が、Y設計と組んで、なぜそんな急斜面の開発に乗り出したのでしょう?利益が見込まれるからこそ開発に着手するのでしょうが、建設業の認可を取り消された「清水建築工房」が、この開発の一体何に携わろうとしたのでしょうか?未開発の雑木林が、まだ鎌倉には多々有ります。出来るだけ安い土地を手に入れて、開発していく。しかし、そこから利ざやを稼ごうとすれば、見えない所に手抜き工事が行われる可能性は、十分に考えられます。安い土地を買って、外観だけをちょっとシャレた造りにすれば、素人の客にはわからない・・・・「清水建築工房」の社長は、凝りもせず、また同じことを繰り返そうとしていたのでしょうか? 
環境破壊は勿論のこと、実態が掴めない業者の、手抜き工事による土砂災害、欠陥住宅による家屋倒壊、それらの危険性を十分考えられた上で、近隣の方々は一致団結して、この開発に反対したのでした。
スポンサーサイト
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。