スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO VOICE→ONE VOICE 

 

       *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  * 
      NO VOICE → ONE VOICE 
            *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *
経済不況、社会保障問題、震災復興、
先の見えないこの国を覆う閉塞感。
現状を変えて、明るい未来を生きたい。誰しもが、そう願っています。
何を変えなければならないのか?それは、政治です。
政治が、今の日本の構造を規定しているから。
しかし、私たちの政治離れは加速するばかり。「期待していない」「諦めている」
「よくわからない」今の政治に対する、私たちの本音です。
ますます、疎遠な関係になっていく。ますます、明日が生きづらくなっていく。
この悪循環を抜け出すために、必要なことは何か?
政治と接する、新たな機会をつくりだすこと。政治参加のカタチを、もっと多様にすること。
それが、私たちの答えです。
実現化のためのアクションが、この“ONE VOICE CAMPAIGN”なのです。
まずは、「政治×インターネット」から。 インターネットは、情報の流通構造を新たに
し、多くの人々のライフスタイルも変えてきました。しかし未だに、選挙運動は紙の
ポスターやハガキだけ。聞こえてくるのは、選挙カーからの候補者名の連呼だけ。
一体、どれだけのコミュニケーションロスが、私達と政治を切り離してしまっているの
でしょうか。
日本だけです。選挙運動におけるインターネットの活用が法律で禁止されている国は。
一方で、世界は変わりはじめている。オバマをはじめとする世界各国の大統領選挙
でも「アラブの春」と呼ばれる中東各国の革命でも、インターネットは国民と政治を広
くつなぎました。
新たな機会と参加をそこに認め、大きな受け皿として機能したからこそ、未来は切り
拓かれたのです。
私たちはいま、声をあげなければなりません。
そう、“NO VOICE” から“ONE VOICE” へ。
一人一人の小さな声も共感の輪でつながり、一つの世論となることで政治を変えていく。
ブログで、TWITTERで、FACEBOOKでひとこと「選挙にもインターネットを」と、声
をあげる。たった、それだけのこと。 その一言で、政治は変わるから。私たちが、
その声を届けていくから。
本当の民主主義と日本の未来は、ここから、はじまります。     
                                     One Voice Campaign 実行委員会ホームページより
                                         * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
図らずも、欠陥住宅の問題に直面する事態に遭遇し、色々な場面で、私どもは、この日本
という国の法律が、如何に理不尽で不平等か?如何に守られるべきものが守られて
いないか?そういう様々な矛盾に気が付くことに相成りました。
民主主義とは名ばかり・・・この国は、国民の意思からどんどん懸け離れ、総理初め僅か
数人の意思で、上滑りしながら独り歩きしている気がしてなりません。 
安倍総理の靖国参拝以降、その行動に対して賛否両論が渦巻いています。戦没者の
御霊に「絶対に戦争を起こさない誓いの為に参拝した」と言いますが、その目的だけの
為ならば、平服で、黙って、毎日でも参拝すればいい。誰も文句は言いません。
とりわけ今の時期に、なぜ?安倍総理は「軍人の御霊」「戦争の犠牲になった戦没者の
御霊」と言い出したのか・・その意図が理解し難いのです。
総理は、「諸外国には丁寧に説明をすれば理解して貰える」と言いますが、自国民に対し
てさえ、納得出来るだけの説明責任を果たしていません。
靖国に眠る軍人の御霊、そして鎮霊社に祀られている御霊は、果たして、諸外国に原子
力発電を輸出することを!外国に武器輸出することを!「好ましい」と答えるでしょうか? 
国民一人一人に、今、本音を聞いてみたら、どう答えるでしょうか?
安倍総理の言っている事と、行っている行為には、矛盾が有るように思います。
平和を誓うのであれば、原子力発電など他の国に輸出するべきではないし、外国に武器
輸出などするべきではありません。
インターネットやスマホを通じて、国民が、簡単に意思表示出来る時代が来ました。
これらを駆使して、もっともっと、意思を表に出し、世の中の理不尽や矛盾に立ち向かう
為に、政治を変えていく行動を起こさなければならない事を痛感します。
声を出さなければ何も変わりません。日本を、本当に成熟した民主主義国家にする為に
は、政治の体質を変えていく。その為に国民一人一人の声が重要なのです。
欠陥被害者も同じです。泣き寝入りをして、逃げ得を許していては、何も変わりません。
建築問題に強い弁護士団にサポートをして頂きながら、欠陥被害者の窓口を設け、
根本的な問題から解決していかなければ、欠陥被害は絶対に無くなりません。
欠陥被害に遭われた方々!!
団結して [欠陥被害者の窓口] を作りませんか!!


スポンサーサイト
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。