スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欠陥住宅を建てた者の責任・・・その4

建築士は、1級建築士は国土交通省から、2級建築士は各都道府県から、許可を得ているから建築士としてやっていけるのです。
許可を与えている国土交通省、都道府県には監督責任があります。

清水建築工房は、2級建築士です。
だから監督するのは、県です。
私は、神奈川県庁に相談に行きました。
何度も連絡して、その結果やっと重い腰を上げてもらうことができました。
神奈川県は、藤沢市の調査を踏まえて、
4か月の建築士としての業務停止を決定しました。

www.pref.kanagawa.jp/cnt/f500281/p720965.html

建築士法の規定です。

第二条の二
 建築士は、常に品位を保持し、業務に関する法令及び実務に精通して、建築物の質の向上に寄与するように、公正かつ誠実にその業務を行わなければならない。

第二十一条の三
 建築士は、建築基準法 の定める建築物に関する基準に適合しない建築物の建築その他のこの法律若しくは建築物の建築に関する他の法律又はこれらに基づく命令若しくは条例の規定に違反する行為について指示をし、相談に応じ、その他これらに類する行為をしてはならない。


(信用失墜行為の禁止)
第二十一条の四  建築士は、建築士の信用又は品位を害するような行為をしてはならない。

第十条  国土交通大臣又は都道府県知事は、その免許を受けた一級建築士又は二級建築士若しくは木造建築士が次の各号のいずれかに該当する場合においては、当該一級建築士又は二級建築士若しくは木造建築士に対し、戒告し、若しくは一年以内の期間を定めて業務の停止を命じ、又はその免許を取り消すことができる。
 この法律若しくは建築物の建築に関する他の法律又はこれらに基づく命令若しくは条例の規定に違反したとき。
 業務に関して不誠実な行為をしたとき。 
 ・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーサイト
プロフィール

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。