スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もっと、もっともっと・・・

    人間、普通の生活をしていたら、弁護士探しなどする必要がありません。弁護士とは、一生関わりにならないに限ります。欠陥が発覚してからの私たちの生活は、一変しました。すぐに、建築協会に相談に行きましたが、「ダメだ~こりゃ。時間のムダだぁ~」と途中で帰って来たくなるほど・・一応作りました名前だけ・・という組織でした。壁に向かって話したほうがまだマシ。失望と空しさだけが倍増されて帰って来たのを覚えています。欠陥満載の我が家を見て貰いましたが、こんな家を建てる同業社に対して、腹を立てるでもなければ、呆れるでもない、この異様さは何なんでしょう。親身になって、私たちの声を聞いて下さろうとする建築士に巡り会うことは、本当に、至難の業なのです。
   もし、欠陥検査研究所の岩山先生にもっと早く出会えていたら、こんなに時間がかからなかったと思います。もっともっと早く出会えていたら、途中から清水建築工房にさよならして、他の会社に替えていたと思います。もっともっともっと早く出会えていたら、清水建築工房なんか選んでいなかったと思います。世の中に「欠陥住宅を無くす~」とか「欠陥住宅撲滅~」とか、欠陥を謳っている建築士はたくさんいますが、その人たちの本当の姿はわかりません。今の建築業界をなんとかしなければと、心の底から思っている建築士は、そういないのかも知れません。家を建てると決まったら、建築会社を決める前に、信頼出来る建築士を探すことから始めたほうがいいでしょう。
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。