スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり今回も、嘘でした

先日、私たちが社長を見つけた時、「何で逃げたんですか?」と言ったら「逃げてなんかいませんよ」と言いました。裁判所からの判決を無視して、一夜にして家族ごと行方がわからなくなって、その後一年間何の音沙汰も無いことを「逃げた」と言わずして、なんと言うのでしょう。そして、更にこの期に及んで、「弁護士を雇おうと思って~」なんて言っていました。
どういうわけか社長は、警官の前で突然、「16日までに文書を送るから」と私たちに言いました。これまでも、嘘が多かったので、「信じたら又裏切られるかも」と思っていましたが、16日深夜12時まで待ちましたが、今回もやっぱり社長は嘘をついたのでした。警官に帰って貰う為に、とっさに口をついて出た嘘。口からの出まかせでした。「心」の無い人なんだなぁと思っていましたが、その時不思議に、東日本大震災で、自分の為にではなく人の為に、毎日炎天下の中、汗水流して働くボランティアの人たちの姿が浮かんできました・・そして社長の生き方とは正反対だなぁ・・と気づきました。野菜づくりをする農家の人たちは、食べる人が「美味しい」と言ってくれる、そのことだけを生き甲斐に、野菜づくりをしているそうです。それなのに、欠陥住宅を建てた社長は、責任をとって直すこともしないで、逆に、客に後ろ足で砂をかけたり、牙をむいたり、本当に見苦しいことです。 少しでも誠意がある人であれば、簡単に直せそうな所はもっと早い段階で、自分で直すと思います。そして、手に負えない所は、誰かに応援を頼んで、直せばいい話です。裁判などする必要などありませんでした。私たちは、数ある建築会社の中から、清水建築工房に建築を依頼しただけなのです。お金もちゃんと払ったのに、こんな仕打ちを受ける筋合いなどありません。
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。