仕事を見つけて、払えるようになったら払うですって???

たった一回20万円払っただけで、あとは身を隠して行方知れず。やっと捕まえたと思ったら「これから職を見つけて、払えるようになったら払う」とのこと。社長は、裁判所の判決を勝手に解釈して、この期に及んで、まだ自分でどうにでもなると勘違いしているのか、或いは、とぼけているのか・・理解が出来ません。社長には、裁判所からの命令通り、利子を含めて全額を一括で支払う、という一つの道しか残されていないのです。「私、払えません」で通る話ではありません。事故を起こして、賠償だけの為に、一生働き続けなければならない人は、世間に沢山います。台風や暴風雨のたびに家のあちこちが水浸しで、私たちは、地震がくるたびに歯がガチガチするほど怖い思いをしているのです。シロアリや漏電に、生きた心地がしないのです。大袈裟な事を言っているのではありません。一刻も早く直さなければならない所ばかりなのに、欠陥が見つかって裁判の結審まで7年、逃げられて約1年、欠陥箇所は今も放置されたままなのです。猶予などありません。
社長を見つけたのが、7月2日。「16日までに文書を送るから」と言って、人を2週間も待たせて、送られてきた文書の内容は、わざわざ文書にするまでもないような、たわいもない内容でした。具体的に金策に走り回った形跡などまるでありません。「文書を送る?」それは、警官を帰す為の方便でしか無かったのです。今に始まったことではありません。こんなことの繰り返しで、どれだけ泣かされてきたか知れません。
「お金ができたら払う・・」など「払う気は無い」と言っているのと同じです。少しでも払う気が有れば、もうとっくに、親・兄弟・親戚を回ってお金を掻き集めて、払った筈です。職を探して、お金が出来たら、その人たちに払っていけばいい話ですから。
親の名義だから、奥さんの名義だから、子供は関係ないからと・・親の家に住み、外車を乗り回して、有名私立学校に通わせて、何一つ、自分たちの生活を変えていません。身の回りを整理してでも賠償に充てようとする行為、身を削って、寒い思いをして、自分のやったことの責任をとろうとする態度が全く見られないのです。寧ろ、法律を逆手にとって、資産を全部、自分以外の名義にすれば逃れられるという・・そういう考えのようです。罪悪感が、これっぽっちも見受けられない人には、常識で対抗しても仕方がないようです。

プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する