社長の自邸建設が、我が家の新築工事と重なって、我が家の引き渡しが11カ月も遅れました

平成 15年    1月   不動産屋に連れられて初めて清水建築工房を訪れる  
                            2月               
                            3月               
                            4月   契約  
                            5月   
                            6月   打ち合わせ・設計  
                            7月 
                            8月    
                            9月   
                          10月   実際の着工  
                          11月 
                         12月末   契約上での引き渡し期日   
平成 16年    1月  
                            2月   
                            3月 
                            4月 
                            5月               社長 鎌倉の自邸へ転入  
                            6月 
                            7月 
                            8月 
                            9月 
                          10月 
                          11月   実際の引き渡し日          


H15年、12月末日、引き渡しの契約でした。引き渡し日から逆算して、早めに着工していれば、12月末日まで、引き渡しは出来ていたでしょう。しかし、工程表通りに工事が進んだ日は、一日もありませんでしたので、12月末日には、内装は全然出来ていませんでした。設備機器設置工事も電気工事もされていませんでした。引っ越しなど程遠い状態です。この時点で、すでに契約を順守していません。それなのに、H16年1月、新年になった途端、現場を放置したまま、職人は殆ど私の家の建築現場に来なくなりました。 工事を急ぐ様子が全く見られません。「どうしたのかな?どこか他の現場に行ったのかな?」と思って焦りました。その時は知りませんでしたが、当時社長は、鎌倉七里ヶ浜に自邸を建てていたのです。社長はH16年 5月23日に転入をしています。社長は、自邸の建築を優先させ、私たちの家の工事を後回しにしたことになります。その為、私たちの引き渡しは11カ月も遅れてしまいました。常識的には、考えられないことです。自邸を建てるのであれば、客に迷惑が掛からないように配慮する・・引き渡しを期日を守ることを最優先にする・・そんなことは当たり前のことです。私たちは何千万円も払っているのです。それなのに、契約時の予算にさらに500万円も上乗せして請求してくるとは、本当に呆れる他ありません。  
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する