断熱材が正しく施工されていないことから生じた室内の風 2


これは昨日公開した、2階の子供部屋の天井の全体の映像です。窓も開いていません。エアコンもついていないことが、画像からわかると思います。 

鑑定意見書では次のようになっています。

「 現状発生している隙間風は、床下の冷気が床断熱材および壁断熱材が正しく施工され ず、 欠損が生じていると言うことを原因として、室内の対流によつて上昇することで発生し ていると判断することができるのである。 
先の意見書においても、断熱材の施工上の不備は既に指摘してあり、それが現象として発生した結果であると判断する。 」
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する