スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社長が自邸として建てた鎌倉の家は今・・・・?

遠く海を見下ろす鎌倉の丘の上に、社長が自邸として建てた家があります。
まだ新築のうちは、豪邸として周囲でも評判だったようですが、昨年1月にその家も転売されました。
今、その家は外壁がボロボロ、家の中はとてもカビ臭く、家を買った住人が苦労していると聞きました。
自分の家くらいは気合を入れて、欠陥の無い家を建てたのかと思っていましたが、やはり自邸も欠陥住宅になってしまったようです。清水建築工房が建てた家は、とにかく雨や水に極めて弱く、耐久年数は非常に短い・・・従って資産価値はゼロに近いと言っていいでしょう。
我が家の浴室では、入浴中にアリは勿論、ムカデやナメクジをよく見かけます。
浴室に防水工事がされていない為、先日ブログで紹介したようなキノコも、洗面台に時々自然発生的に生えてきます。特にアリにはドキッとします。
自邸として建てた家も欠陥住宅となれば、清水建築工房で家を建てた方々の家が、その後どうなっているのか、シロアリなど発生していなければいいと心配になります。
他の建築会社で、我が家と同時期に建てた近所の家々は、そろそろ点検の時期なのでしょう。
「無料で点検して貰えた」と言っていました。それに比べて、清水建築工房はと云えば、建てれば建てっぱなしで、引き渡し後、電話一本来ません。客にとって何千万円もする買い物です。不具合が無いか、請け負った責任上、聞いて回るくらいの事をするのが当たり前です。
直して貰おうにも逃げ回り、点検して貰おうにも、監督処分を受けて建築業の許可が取り消しになりました。無責任な会社だと思います。
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。