日本の政治は非常に幼稚 !!

3・11以降、地震研究者達から連日、断層が多数発見されたことや、地震の規模などに関して、新しい研究内容が発表されています。
それら被害に関する状況の全てが、今までの予測をはるかに上回るものでした。
「こんなことが起こる筈が無い」と思われていた事が、自然の脅威によって余りにも簡単に覆されてしまったわけです。
今回の東日本大震災では、最初の段階から「未曾有の・・・」という言葉が飛び交いました。
しかし、歴史を振り返れば、過去に何度も、大きな地震や津波による災害が繰り返されてきているという事実があります。
原子力発電所の放射能漏れ事故だって、日本史上初めてのことではありますが、世界では何度か起きています。誰が最初に使ったか知りませんが、私は「未曾有の・・・」という言葉に非常に違和感を覚えます。
今回の災害は未曾有ではありません。
阪神淡路大震災を経験したのは、つい最近のことです。
もしあの時、津波が発生したら、今回のように甚大な被害になっていたことでしょう。
津波の被害が無かったのは、奇跡のようなものです。人間は反省したり、推測できる生き物です。
でありながら、なぜ、あの大災害の経験を、「学び」として今回に生かすことが出来なかったのでしょう。
イライラするほどのモタモタ感が有ったことは否めません。
飢餓や医師不足などの二次災害によって失われた命も多かったと言います。
阪神淡路大震災の時に、地震多発国である事実をもっとしっかりと受け止め、災害に強い建物、災害に強い地域づくりを目指し、災害時に活躍する船などを準備していたら、日本海側からどんどん物資援助が出来たと思います。
過去に、「ふるさと創生」と称し、或いは小さい子供のいる家庭に税金を再分配したりしていましたが、これをみるにつけても日本の政治は非常に幼稚だと思います。
時々の目先の事にしか対応が出来ないということです。これだけ多くの国会議員がいながら、非常に効率が悪くて正常に物事が動いていかない。
国の体質そのものを変えなければ良くなっていかない・・・橋下大阪市長の仰る通りのように思います。
建築の分野に於いても何もなされて来なかった・・・その結果が今の欠陥住宅乱立の日本の状況なのだと思います。



プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する