清水建築工房が建てた欠陥住宅展示場

裁判所の命令に従わず、損害賠償に応じない場合、道は一つしか有りません。
私は、この家を「清水建築工房○○○○が建てた欠陥住宅展示場」として、オープンハウスにして、いつでも皆さんに入って頂いて、見て頂ける場所にしたいと考えています。
ホームページやブログでは、天井から雨が落ちて来る様子や、家中のカビの匂いや、室内に巻き起こる風の凄さなどについて、お伝えすることが出来ません。
実際に見て、体感して頂きたいのです。床や壁を剥がして、内部がどうなっているのかを公開したいと思っています。
同業者の方々が、「どうすると、こんな家が建つんだろう???」と首を傾げながら帰って行かれます。
「欠陥工事のデパートのようだ」と表現する人もいます。
私は、出来るだけ多くの同業者の方々に、この家を見て頂きたいのです。そ
れこそ、すべてをオープンにして、間違った施工を指摘し、正しい施工の仕方を再確認して頂き、なんとか欠陥住宅を増やさない運動に力を貸して頂きたいのです。欠陥の被害に遭った方々にも、これから家を建てたいと思っている方々も、いつでも集まって情報を共有し、ここを欠陥住宅を建てさせない運動の発信地にしていきたいと考えています。

プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する