スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獣医選びも家を建てる業者選びも一緒

我が家には、今たった一匹になってしまったマルチーズがいます。
古い前の家で、お父さんとお母さんを飼っていて、この子が生まれました。
生まれてからずっとお父さん、お母さんと一緒。三匹でいつも無邪気に遊び回っていました。
この家に引っ越して来てから・・・肺炎や呼吸困難の発作で、お父さんもお母さんも次々と、亡くなってしまい、今この子だけが残りました。
実はこの子も、アレルギーによる皮膚疾患に悩まされているのです。
アレルギーが起きているところに、カビや細菌が悪さをして、薄くて柔らかい皮膚の部分に痒みやタダレを起こすのです。
痒みは辛いと言います。
いつも痒がるので、抗生剤や真抗菌剤を飲ませたりしてきましたが、なかなか治らない病気との根比べでした。
先日「獣医さんを変えてみたら?いいお医者さんいるよ!」そう言って、ご近所の方が獣医さんを紹介して下さいました。
その獣医さんに、今日初めて行ってみました。
前に掛かっていた獣医さんは、「どうしました~」から始まって、話もそこそこに、採血やレントゲンです。が、今度の獣医さんは違ってました。
私達から発症やここまでの治療の経緯を、ずーっと聞いておられました。
それから、病気の説明とこれまでの経験を先生が話されたのです。
アレルギーが目や耳に及んで腫れを起こしている事、そしてアレルギーを改善すれば目や耳の腫れが良くなることから、薬を別の物に変えてみることにして、針も刺さずレントゲンも撮らずに終了しました。
前の獣医さんは、目や耳の腫れとアレルギーの関係はわからなかったようです。
目はドライアイ、耳は中耳炎・・・そう言われて点眼薬と点耳薬を渡されましたが全然良くなりませんでした。
「中耳炎は耳の掃除が大事」そう言わても、耳の中が腫れているので、犬は痛くて掃除を嫌がるのです。
アレルギーだからアレルギーを治療すれば、目や耳の腫れが引く・・・今度の先生の説明のほうが、納得がいきます。
薬の説明も丁寧で、診療代も良心的でした。 
薬を変えたせいでしょうか? 普段イビキをかかない子が、昨晩は私達の隣で大きなイビキをかい寝ていました。
何年かぶりにゆっくり寝れたようで、体中が喜んでいるように見えました。
それを見て妻が一言「家を建てる時も一緒だね~」と言いました。
「この業者は駄目かも!!」そう感じたら、絶対に工事を続行しないこと・・・そう、獣医さんと一緒です。
工事途中でも、そこで立ち止まって、他の業者に相談してみる事です。
何軒も何軒も回ってみれば、きっと力をかして下さる業者がいる筈です。
誠実一路で仕事をしている業者を探すことです。 
プロフィール

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。