スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄筋の入っていない基礎

基礎に鉄筋が入っていない 基礎に鉄筋が入っていない2

上の写真と下の写真を見比べてください。上の写真で、鉄筋が無い部分にコンクリートが打たれ基礎ができています。つまりこの部分は鉄筋の無い基礎なのです。基礎は、鉄筋が入っていて初めて強度が保たれるものです。鉄筋が入っていなければ、もろく崩れることでしょう。しかも、右側の部分は家を壁で支える耐力壁が乗る所なのです。
地盤改良と基礎工事は重要な工事なので、立ち会わせて欲しいと清水建築工房に言ってありましたが、両方とも施工するときに声をかけてはくれませんでした。しかし、時々出かけて写真を撮っておいたことで、証拠を残すことができました。工事をする時には、遠慮しないで写真を撮っておくことが重要だと、しみじみ感じました。
プロフィール

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。