スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな台風の時も、社長は罪悪感も無く、高鼾で寝ておられるでしょうか

台風4号では、記録的な瞬間風速が観測され、通過後の街並みは、看板が捩じったように曲がり、木々の枝も折れていました。
修繕されないまま放置され続けて8年・・・何度も何度も台風を経験してきた我が家に、また大量の水が入り込んでしまいました。
天井のあちこちから雨がポタポタ、ポタポタ落ち、ドア周りからも雨が入り込んできました。
揺れも、隙間風も、ガラス戸のガタガタも、何度経験しても、眠れないくらいの騒々しさと怖さでした。
台風5号は、今朝早く、温帯低気圧に変わり、風力は落ちたものの、依然として相当の雨量が予想されています。
我が家には、又、大量の雨が入り込む事になるでしょう。
D・I・Y・で買って来て、自分で窓周り等のシーリングはしましたが、あくまでも応急処置ですから、気休め程度にしかなりません。
天井からの雨は、その侵入経路も原因もわかっていません。
もし、突然家が潰れて下敷きになったら・・・もし出火して火災になったら・・・犠牲になった私達家族を見て「欠陥住宅が原因だ」と、どなたか気が付いて下さるでしょうか?そう思いながら、一睡もしないで朝を迎えました。
こんな時でも、「清水建築工房」の社長は、心に一点の罪悪感を感じる事無く高鼾で寝ておられるでしょうか。
プロフィール

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。