スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水建築工房の間違った断熱材の施工 1

IMG_0007_convert_20110528133010.jpg     IMG_0008_convert_20110528133102.jpg
IMG_0009_convert_20110528133143.jpg 

  この写真は我が家の断熱材の施工の様子です。先に掲示した正しい施工例と比べてみてください。隙だらけで、扱いが乱雑です。これでは、断熱材の意味がありません。また、無理やり断熱材を詰め込んでいます。断熱材は断熱材の持つ厚さの空気層が、断熱の効果を果たすのです。詰め込んでは性能が半減します。断熱材の施工の意味が分かっていない人の施工としかいいようもありません。

プロフィール

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。