番組の中で語られなかったこと③・・・家族に責任は無いのか その4

先にも述べましたが、不動産なら登記があるので、その移動の経過を調べることができます。しかし、現金は、事情が違います。お金には、印がついている訳ではないので、その流れの経過を調べる事は、非常に困難です。

番組の中でも紹介していたように、茅ヶ崎市香川にショールーム兼自宅が有りながら、社長は鎌倉に豪邸を建てました。
その豪邸を、裁判中に売りに出し、買い手が付いたのですから、社長には売却したお金が入ってきた筈です。社長は、そのお金を私達の損害賠償に充てようとはしませんでした。土地を買い、自分達の為にだけ使ってきたようです。
息子を、茅ヶ崎からわざわざ東京のK幼稚舎に通わせています、社長は、インタビューの中で、その費用について「嫁が工面している」と言っていました。
しかし、妻は働きに出ていませんし、仕事を持っている形跡は全くありません。
妻の実家を見に行きましたが、お金を工面出来る余裕など、とても感じられませんでした。
いったいどこから、妻はお金を捻出出来るのでしょう? 

25年前の社長を知っていると言う人は、「社長は昔は、こんな人ではなかったのに・・」と驚いています。
鎌倉。 豪邸。 超有名校。 最新型ベンツ。 白色のレトリバー犬・・・・・

こうして並べてみると、欲望に駆られ、誠実さ、謙虚さ、堅実さ、建築士としてのプライドまでも、どこかに置き去りにして、いつしか人が変わってしまったのかも知れません。
鉄筋を抜いたり、断熱材を入れなかったり、姑息な手抜き工事で利ザヤを稼いで信用を失っては、客も逃げてしまいます。仕事が無くなったのは、自業自得と言えましょう。

 
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する