スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予防策として、行政は個人名の公表を!

テレビで報道される前から、「欠陥」で検索をして、私達のブログに辿り着いて下さって、私達の身を案じ、何か力になりたいと応援をし、そして色々なアドバイスを下さった多くは、皮肉にも、「清水建築工房」の社長と同業の、建築士の方々でした。
日頃から問題意識を持ち、時々、「欠陥」を検索しては、被害者に力を貸して下さろうとする、熱心な建築士の方々が、沢山いらっしゃるのです。

放送後、『テレビ朝日』のほうにも、視聴者の方々から、多くの声が寄せられたと伺っています。
私達のほうにも、本当に数多くのメールを頂きました。
「こんな建築士は、ほんの一握り。おおかたの建築士は皆、一所懸命にやっています」・・・
双方に共通して届いたご意見の中には、こういうご意見が有りました。
「全くひどいヤツにあたっちゃったもんだ」・・・私達も、率直に、そう思っています。
でも、こんな卑怯なことをしている人を、「ほんの一部の人間がやっている事だから」として、同業者が許していてはいけないのではないでしょうか。
建築士の質を低下させている、こういう一部の人間が一掃されていかなければ、腐ったミカンが他のミカンを腐らせるように、日本の建築業界は、ますます技量もモラルも低下し、そのとばっちりを、必ず客が受けることになるのです。いつまでも、こういうことを許しておくことは、日本の建築業界の為に、決して良くないことです。
欠陥を修繕せずに、何年間も放置しておく建築士の・・。
裁判所の判決に応じず、損害賠償を踏み倒そうとする建築士の・・。
予防策として、個人名を公表する事を、行政は考えるべきではないでしょうか。

プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。