戦い済んで日は暮れて

師走の慌ただしい中で、選挙は終わりました。
第三局がばらけて一つにまとまり得なかったことが、自民党を圧勝させる結果になったと言われています。
政権が、また自民党に戻った直後に、株は上がり、円安になり、このまま景気が良くなるかのように、経済界では歓迎ムードに盛り上がっています。
しかし、私は、思います。
今回の選挙は、本当に、国民の意思が反映された選挙だったと言えるだろうか・・と。
一票の格差が是正されないまま行われた選挙は、今回の選挙で更にその格差を広げました。
小選挙区で立候補した候補者の中の、どの選挙区にも、必ず自民党の立候補者はいました。
それに比べ、旗揚げしたばかりの第三局と呼ばれる政党たちは、十分な準備期間が無い為に、候補を擁立しようにも、選ぶ間も無く、慌てて選出した感が有りました。
i私が住む選挙区の中に、応援したい政党の立候補者はいませんでした。
比例代表の欄には、政党名を書けますが、小選挙区の欄に、名前が書けません。
仕方なく・・本意ではなく・・次に推す政党の人の名前を書きましたが、それでは選挙民の真意が伝わっていないことになります。
全部の選挙区に一人づつ、確実に立候補させる事が出来る政党が、強いに決まっています。
大きな政党と、小さな政党では、デパートと小売店ほどの力の差が有ることを、つくづく感じました。
問題視されている世襲議員が、大量当選したのも、今回の選挙の特徴です。
原子力発電にあれ程反対していた国民が、消費税増税にあれ程反対していた国民が、
復興・復興と叫んでいた国民が、戦い済んで日が暮れてみれば、なんだか、狐につままれた一日だったようで、みんな、まだ信じられない感を抱いている・・そんな選挙だったような気がしています。

建築業界の顔色を伺うばかりで、改革をしようとしない国会議員がいる反面、その対局にいるまっとうな国会議員もいる筈です。
できるだけ多くの、まっとうな国会議員の方々に現状を知って頂き、改善していかなければと思っています。 

プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する