スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「清水建築工房」で検索してみてください。

茅ヶ崎香川の事務所&モデルルームから、「清水建築工房」の看板をはずしました。しかし、「清水建築工房」で検索してみてください。会社のホームページは閉じましたが、当時紹介していた不動産屋のホームページから、現在も清水建築工房が建てた家を見ることができます。一本物の杉材や漆喰壁、Rにデザインしたドアなど、清水建築工房が建てた家は、ちょっと見、素敵に見える家ばかりです。しかし、外見だけに心を動かされないでください。これが手なのです。杉材や漆喰壁は、化粧で言えば最後の仕上げのようなものです。壁やドアをRにすればどんな家でもオシャレに見えます。素人は騙せても、欠陥検査を専門とする一級建築士の目は騙せません。欠陥の原因は、下請け業者の稚拙さだけとは言えません。手抜き工事に悪質さが見られるそうです。会社の体質と言えましょう。現場を監督する人間が一人もいないのですから・・・。客を大切にする気持ち、感謝する気持ち、職人としてのプライドがあれば、こんな事が出来るはずがありません。近い将来、土台にも窓にも壁にも、至る所に、我が家のように漏水が発生する可能性は大きいのです。雨が降ったら、リビングの真ん中にバケツを置きたいですか?台風の時に家が揺れるのを我慢できますか?地震の時の怖さが想像できますか?今回の東関東大震災から、建築会社を選ぶ側は多くのことを学ばなければいけません。肝心なのは、見てくれではありません。大切な家族の健康と、地震などの天災から家族の命を守ってくれる、欠陥の無い頑丈な家です。最後の最後まで、業者選びは慎重に行ってください。自分達だけで決めるのではなく、欠陥検査研究所のような所に相談をして、建築会社の評判を聞いてから決める事をお勧めします。くれぐれも不動産屋に連れて行かれないようにして下さい。つるんでいることが多いのです。また、元オートバイレーサーであったことを足掛かりにして、他県にも人脈を広げているようですが、たとえ名ドライバーであったとしても、建築士としての腕や人間性は全くの別物であることを肝に銘じてください。
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。