警察に訴状を

H16. 11.27   契約時の約束から11か月遅れて、未完成のまま引き渡し
               ( 引き渡し直後から欠陥が発生 )         
H17.  5.21    神奈川県建築協会に相談
      6    4     建築Gメンが調査
     11.25   日本建築検査研究所による欠陥検査実施
                #今後の対応策を提示するも、修繕はなされず
H18.  6. 8  階段踊り場の寸法を測りに来るも、以後音沙汰無し  
H18.  11.16  ファックスで工程表が届くも、以後音沙汰無し
H20.  12      東京地方裁判所で第一回目の調停開始
                      : 
H22.  6. 3   結審 被告に対し、1000万円の損害賠償 請求 が出される
 
     6. 30  20万円の振込がなされる     
      7      振込無し
      8      振込無し       
      9. 4   家族で夜逃げ同然の引っ越し

日本建築検査研究所が欠陥検査を行なったのが、7年前
7年前の時点で調査した欠陥に関して、2年半前に裁判所から判決が出されました。
しかし、7年前の欠陥状況と現在の状況は、相当違っています。
8年間、欠陥が放置された事によって、その欠陥箇所が更に深刻化し、今また新たに
発生した欠陥は、重大な欠陥ばかりです

大手建築会社に修繕を依頼しましたが、どの建築会社も、
「修繕で直せる範囲の欠陥ではない」
「漏水だらけで、どこから手を付けていいのかわからない」と断られました。
私達は、これまで二度裁判を行っています。
新たにまた発生した欠陥に対して、また裁判を行う、気力も、エネルギーも、財力も、
私達にはもう残っていません。
知らぬ存ぜぬは、余りに悪質過ぎる行為です。
1円でも逮捕、10円でも実刑という事実が有ります。
「清水建築工房」の社長には、「強制執行妨害罪」の罪が当てはまります。
今後、私達が出来ることは、テレビで放映された画像と共に、警察に訴状を提出する事。
そして、新たに発足する大臣並びに、出来るだけ多くの国会議員に、現状を報告して、
法律を整備して頂く事だと思っています。
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する