スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窓ガラスが自然に割れることがある・・・ストレス クラック

窓ガラスの割れ方が不自然だったので、メーカーに連絡しました。
その回答がきました。

ストレスクラックと言って、窓ガラスが自然に割れることがあるとのことでした。
特に2重ガラスでは、断熱性能を確保する必要から、2枚ガラスの間に空気や不活性ガスを充填し、各ガラスの周囲端部を密封して製作しているために、密閉2重ガラスは、外気圧の変動によるガラス変形、気温の変化によるガラス自体の膨張収縮変形、密閉空気とガスの熱膨張収縮による変形、地震等による建物躯体の振動や変形圧力影響 などを絶えず受けて、変形を繰り返しており、これらの繰り返される変形圧力が、ガラス周囲の切断面の微細な割れ口を徐々に大きく成長させ、ある時、一挙にガラス割れとなる事があるといわれているとのことです。

先日ブログに公開した画像の窓ガラスの破損は、そのストレス クラックによるものらしいとのことです。 

そして、そのメーカーでは、1995年以降、当社独自の製品保証制度を運用しており、ストレス クラックついて、米国工場を出荷した日を起算日とした10年間に限り、そのガラスが組み込まれたガラス障子だけを、無償で供給してきているとのことでした。

何とも、不思議な話です。
窓ガラスが自然に割れる事など、あってはならないのではないでしょうか。
今回は、誰も怪我をすることはありませんでしたが、窓が割れたら怪我をすることがあります。
メーカーが保証するというのは、メーカー自体が是認しているということになりますが、こんな危険な製品を売ること自体が、果たしてできるのでしょうか。

そんな危険な製品を売っては、もともと、いけないのではないでしょうか。
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。