FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せめて耐震検査・耐震工事の費用を

被告「清水建築工房」社長に対し、裁判所から損害賠償請求が出されて、この6月3日で 丸 3年になります。
社長は、裁判所に於いて、損害賠償を支払うという誓約書を交わしたにも関わらず
判決を無視し続けてきました。
もう「個人」の力では、どうにも出来ません・・・「個人」で対処出来る範囲を超えています。
昨日は、三宅島付近(M6.2)に続いて宮城沖(M5.8)と、一日のうちに大きな地震が二つ続けて起きました。
直ぐにでも、耐震検査を実施して、耐震工事を行わなければ、安心して日々の暮らしが出来ません。
市役所の「建築指導課」に行って来ました。事情を説明したところ、「裁判を行って判決が出ているのに、被告が損害賠償を支払わないなど、聞いた事が無い。殆どが損害賠償を払って、そこでケースクローズになる」と、役所の職員も驚いていました。 
「市民相談情報センター」では
、「個人で出来る限りの所まで闘ったのに、それでも悪徳業者が損害賠償を支払わないとしたら・・・やはり行政の力をもってしても、いかんともしがたい・・・ただ、相手が名の知られた人物ならば、社会的な制裁を加える事は出来るし、生活状況からして払う能力が有りながら払わないとなれば、警察の力を借りる方法も有る」と、担当者はそう答えられました。
テレビ局が、この問題を取り上げて下さったのも、これは「個人の問題ではない。社会問題である」という認識の上で扱って下さったのです。
欠陥住宅を建てて、欠陥を修繕せず、何年間も放置した事によって家が潰れて私達が犠牲になったら、これは間違いなく殺人です。 
家が潰れる前に、せめて耐震検査・耐震工事の費用を「清水建築工房」に請求する手立てが無いか?国会議員全員に問題提起するしかないと思っています。
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。