スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川県知事 黒岩祐治様

                                                発送済み書面
神奈川県
   県知事 
 黒岩 祐治 様

前略

人命にかかわる事柄であり、時間に猶予がございませんので、県知事宛に直接
書面を送らせて頂きます失礼をお許し下さい。
「清水建築工房:代表清水〇〇」に欠陥住宅の修繕を再三お願いしたのですが、
今日まで、一貫して、知らぬ存ぜぬの態度を変えませんでした。
建てた本人が一切責任を負おうとしないで、逃げの一手で今日に至っています。  
                                         * * * * *
デタラメな工事によって、家は朽ち果て、どこもかしこも悲鳴を上げています。
そこに住む私達も、ストレスで疲労困憊し、精神力、体力ともに限界に達しています。欠陥だらけの、売り物にならない家を数千万円で売るという行為、危険な状況を知りながら修繕をしないで逃げ回るという行為、客に嘘の検査済証を渡す行為は、詐欺と変わるものではありません。
修繕されないままの家は、暮らす為の「器」ではなく「凶器」と化している今、火災や倒壊の犠牲者が出れば、これはもはや殺人です。
弁護士を雇うにも、裁判をするにも、強制執行をするにも、財産を洗い出して差し押さえるにも、その費用を負担するのはすべて被害を受けた側です。
被害者がこれ程までに苦しんでいるのに、裁判所は、被告に全資産を公開させる権限も持たなければ、判決を無視して逃亡する被告に判決を守らせる強制力も、厳罰を科す権限もありません。
欠陥住宅を建てた加害者が、「金が無い!」を繰り返していればそれで済む「逃げ得」を許していては、逃げることが当たり前になり、被害者が高額な費用を掛けて長い間裁判をして判決を得ても、裁判をするだけ無駄です。
被害者だけに負わされるこの理不尽さは、絶対に是正されなければいけません。
欠陥住宅が建ってしまってから云々ではなく、欠陥住宅を建てさせない事に策を講じるべきです。
その為には、建築士の資格を与えた部署が、責任を持って、末永く、建築士を監督する役割を担わなければいけないのだと思います。
建築士の資格を与えた側の責任として、建築士の質というものに関して再考して頂きたい、そして何とか改善して頂きたい。
欠陥を繰り返すような建築士は、即刻、資格を剥奪して頂きたい、そう願って止みません。
ここに、「神奈川県建築士審査会」に送らせて頂いた書面を同封させて頂きます。
清水氏への処分につきまして、「建築士審査会」からの報告を待ちたいと思います。
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。