MFJ日本モーターサイクルスポーツ協会会長へ

                                                発送済み書面
MFJ
 日本モーターサイクルスポーツ協会
  会長  〇〇 〇様

拝啓
貴殿に於かれましては、ご多忙の日々をお過ごしの事と存じますが、お力を拝借致したいと存じまして筆を執らせて頂きました。
我が家に起こりました欠陥住宅に関する問題をご報告させて頂きたく、ここに、DVDを同封させて頂きます。「欠陥住宅:つれづれダイアリー」というブログも立ち上げておりますので、ご覧頂けましたら大変ありがたく存じます。
 
                                         * * * * *
父親も兄も建築士ですから、清水氏にやる気が有れば、直ぐに修繕に取り掛かれた筈なのですが、頑として修繕を行なおうとしませんでした。 
欠陥箇所は修繕されることなく8年以上も放置され、決して大袈裟ではなく、私達家族の命をも奪いかねない程の緊急事態になっています。
元レーサーや、バイクファンの方々が、私達の事を心配して下さり、「力になりたい」
「協会に相談をしてみてはどうか?」というメールを下さいました。
清水氏は、73回もモーターサイクルロードレースで出走し、9回表彰台に上ったレーサーです。10年間のレーサーとしての経験が、結果として今の清水氏の人と成りを形成しているとしたら、MFJ日本モーターサイクルスポーツ協会が掲げる「モーター
サイクルスポーツの普及振興を図り、もって国民の心身の健全な発達に寄与する
ことを目的として
様々な活動をおこなっています」とする協会が存在する主旨を、
私達はどう理解したらよいのでしょう?
自分の行動に責任を持つということ、行ってしまった事の責任を取るということが
出来ないで、果たして、心身の健全な育成が行われてきたと言えるでしょうか? 
周りの皆に感謝する気持ちを持たない人間が、レースで優勝して意味が有るで
しょうか?
人間は完璧な生き物ではありません。
ですから、一所懸命に建てたつもりでも、欠陥が発生してしまうことはあるでしょう。
人間性が現れるのは、その後の解決の仕方です。
清水氏は、最初から直す気が無かったのか、一貫して知らぬ存ぜぬを通しました。
建築の仕事は、引き渡しが終わればそこで終わりという訳ではありません。
長年に亘って、建てた家を見守っていく役目がある筈です。
責任を果たせないのであれば、建築という重要な仕事に就くべきではありません。
清水氏が建てた、他の家々も非常に心配です。
引退したとは言え、沢山の人に迷惑を掛けている訳ですから、MFJ日本モーターサイクル協会のほうからも、清水氏を戒め、指導をして頂く事は出来ないものでしょうか?
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する