床下の今の状況は?

久しぶりに、床下に潜ってみました。
テラスドアの下。

基礎をコンクリートにしなければならない箇所を、木枠を張ってごまかしています。
昨日の雨でしょう。予想通り、水溜りができていました。
雨が降るたびに床下がこのような状態になっていることが、改めて確認できました。

木枠では、朽ち果て、いつかテラスドアの重みに耐えきれなる事が容易に想像出来
ます

DSC00513縮小
 

DSC00512縮小 













この先が、洗面脱衣室とトイレの床下です。
隣の浴室からの漏水で、常時、水が溜まっているはずですが、今回はそこまで行けませんでした。
床下は、高さ50cmです。
這って行くのがやっとです。
なぜ、こんなに低くしたのか?
この先に行くには、写真中央に見える、パイプを乗り越えて行かなければなりません。
パイプから天井まで20cmほどの空間なので、抜けるのが大変で、やっと通り抜けたら、気分が悪くなって引き返さざるをえませんでした。
一階寝室には通り抜ける穴さえ無いので、床下を点検する事が出来ません。
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する