スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガス配管の手抜き

DSC00684縮小 昨日公開した、ガスの配管部分です。外部の湯沸器から壁の中に配管する取り口に、何のシーリングもされていませんでした。
また、カバーもなく、剥き出しの配管に何の保護材もされてはいませんでした。これでは、ガス管は風雨に曝されて、劣化してしまいますし、壁への配管の取り口の部分から、壁の中に漏水してしまいます。見て頂いた、漏水専門業者の方が、あまりの醜い施工に、見かねてシーリングをして、管に保護材を巻いてくれました。写真は施工後の写真です。
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。