土台コンクリートから続々と出てくる鉄屑

DSC00732縮小 













海岸に近いこの地域は、塩害によって錆びが生じる為、鉄を使わないのが鉄則と聞いています。
基礎になる土台周辺の土を堀り起こしてみたところ、コンクリートの型枠に使った木や、鉄の金物、クギが打ち込まれたまま、ボロボロに錆びて出てきました。
手で触るとポロポロと簡単に抜け落ちて、周囲を2メートルほど掘っただけ で、こんなに沢山出てきました。
木片や金物には、ビニールやロープも、絡まったまま打ちこまれていました。
ほんの一部を掘っただけなのに、こんなにたくさんの鉄くずを、コンクリートの中に残すなど、言語道断です。
後から掘り起こされることはないと思って、無責任で、デタラメな工事をやりっぱなしにしているのでしょう。
こんな下請け職人に工事を丸投げしている工務店も工務店・・・どちらも要は「人間性」の問題です。 
 
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する