スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤沢市建築指導課が示した調書

***********************************************************************************************
清水建築工房の「建築基準法違反」に関する調書   

以下は、藤沢市建築指導課が我が家の現地見分を行った上で示した
「建築基準法違反」に関する調書です。
************************************************************************************************
①確認申請
 (法第6条)・・・完成建物は申請図書と異なる部分があるが、計画変更の申請
          手続きが行われていない。      
②完了検査
 (法第7条)・・・・完了検査の申請手続きが行われていない。

③屋根
 (法第22条)・・・1階玄関ポーチ及び2階バルコニー部屋屋根が令第109条の5
           の規定による技術的基準を満たしていない。

④非常口の進入口
(法第35条)・・・・・3階建てとなったにも関わらず、令第126条6の規定に適合
                                 していない。
          
⑤敷地内通路
(法第35条)・・・・・3階建てとなったにも関わらず、令第128条の規定に適合
           していない。

⑥階段の幅
(法第36条)・・・・・令第23条の規定による階段の幅に適合していない。

⑦階段の手摺
(法第36条)・・・・・令第25条に規定する手摺を設けていない。

⑧道路内建築制限
(法第44条)・・・・・みなし境界線を越えてポーチ及び階段が道路側に突き出して
            いる。

⑨容積率
(法第52条)・・・・・2階バルコニー部物置及び3階ロフトの床面積が増えたこと
            から、容積率が制限を超えている。

⑩建蔽率
(法第53条)・・・・・1階玄関側ポーチの建築面積が増えたことから、建蔽率の
           制限を超えている。
         
「清水建築工房」 の社長は、 数々の欠陥に加え、これだけ多くの
「建築基準法違反」を行っていることが、判明しました。 

プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。