スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰板のセロハンテープを剥がしたら

DSC00746縮小  ①

DSC00743縮小  ②

DSC00747縮小  ③













①セロハンテープを剥がす為に、家具を動かしたら、家具の裏側にも腰板にも、
 カビがびっしり生えていました。
②カビを雑巾で拭いているところです。 
③家具の裏側です。びっしりカビが生えているのがわかります。
 これでは、腰板の前には何も置けません。
***風と寒さ防止の為、隙間に苦肉の策で貼ったセロハンテープでしたが、頭と喉の痛み
が発症しました。
セロハンテープを剥がしたら、頭や喉の痛みはなくなりました。
でも、また、カビの胞子と、カビの臭い、風と寒さに悩まされることになります。
どっちも嫌です。
腰板の裏側には、ボードが貼られていません。
腰板を剥がしてみれば、施工不良の断熱材が現れることでしょう。
「請け負った業者が、誠意をもってきちんとやり直すべきです」 
同業者の方々は、そう言っておられます。

プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。