スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築確認を市役所に出す目的って何ですか?


私どもは、藤沢市役所計画建設部 金子昌義建築指導課長宛に、次のような
“質問状”を提出しています。返事が届き次第、ブログに載せて参ります。

①建築をする際に、建築確認書を「市役所」に提出する目的は何ですか?

②我々は、工務店に「木造2階建て住宅」の建築を依頼しましたが、出来上
 がった建物は、「木造3階建て住宅」でした。3階建て住居の場合、構造計算を
 行わなければならない筈です。建築確認に添付された設計図を見て、なぜ?
 市役所は、「これは3階建て住居なので、構造計算書を提出するように」と、
 工務店に要求しなかったのですか?

③設計図を見た段階で、市役所は、3階建て住宅の場合「セットバックしなければ
 ならない事」や、「外階段を付けなければならない事」を、なぜ?業者に指導しな
 かったのですか?

④階段幅が狭く、建築基準法に違反しています。階段幅が設計図に記載されて
 いなかったら、設計の不備として、市役所は、業者に問い合わせるべきではな
 かったですか?なぜ、?確認しなかったのですか?

建蔽率、容積率に違反しています。 建築確認書が出された時点で、市役所は
 建蔽率に違反していることに、気が付かなければならない筈です。
 建築に取り掛かる前に、なぜ?工務店に注意しなかったのですか?

⑥建ち上がった建物が、建築基準法に違反しているか?していないか?を確認
 する部署は、市役所の中のどこの部署ですか? 

⑦市役所の資産税課は、固定資産の「税額」を決める為にやって来ました。
 が、建物は見ませんでした。建築課も見に来ませんでした。
 どのようにして、固定資産税の税額が決まるか?というと、確認申請に添付した
 設計図の床面積
で決まるそうです。
 建物の価値を全く見ないで、延床面積だけで、算出しているそうです。
 資産税課と建築課が一緒に来れば、建築基準法違反や建蔽率・ 容積率違反
 にも気が付く事が出来るのに、市役所は、何もやっていない。
 
 
 ・なぜ、建築課は資産税課と一緒に建物を見に来ないのですか? 
 ・延床面積だけで固定資産税の税額が決定されることに対して、正しい算定
 方法だと思いますか?

⑧「市にも責任は有る。しかし、県に報告することぐらいしか、市は何も出来ない」
 課長は、そう仰いました。それならば、我々は、何の為に、県民税、市民税、
 住民税、固定資産税等々の高い税金を払っているのでしょう。こんな時にこそ
 被害者救済の為に動かない行政など、何の為に存在するのですか?

       *  *  *  *  *  *  *  *  *
 
建築指導課の課長は、「市にも責任は有る」と認めながら、「市は何も出来ない」と
答えられました。。
市役所の、この曖昧な存在」が、違反・欠陥住宅を生んでいる原因の一つだと、
私は思っています。
設計不備や建蔽率・容積率違反も、2階建てが3階建てになっていることにも全く気が
付かない・・・つまり、違反や欠陥を未然に防ぐ役割を何も果たしていないし、出来
上がった建築のチェックもしない。これでは、
我々は、一体、何の為に市役所に確認申請を出すのでしょう?
何の為に、設計図を添付するのでしょう? 

市役所が「何もしない」し、「何も出来ない」のであれば、確認申請書は、きちんと
チェック機能を持ち、建築士の指導が出来る、専門の組織が、受け付けるべきだ
と思います。

プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。