「短時間・短距離で」・・・・・

欠陥住宅の問題は、「短時間・最短距離で、解決に向かわなければならない」という
特性を有します。
◎早く解決しないと、欠陥がどんどん広がり、増え、深刻化し、被害者に危険が及ぶ
  こと。(周辺住民に被害が及ぶこともあります) 
◎毎日、「現場」を目にしながらの生活は、被害者にとって、大変なストレスになると
  いうこと。
◎ローンを背負っている上に、長引けば長引くほど、経済的な負担が掛かるという
  こと。
こういう特性が有るにも関わらず、被害者は、相談する建築士や弁護士を選ぶ事
だけでも、相当な時間とお金を費やさなければなりません。
時間とお金を掛けて、まっとうな人達に巡り会えば、まだラッキーなほうです。
建築士の現状はどうでしょう?
欠陥検査を請け負って仕事をしている建築士が、被害者の味方か? というと、
そうではありません。
中に入って交渉をして呉れる建築士が、被害者の味方か? というと、そうでもない
のです。
「相手との交渉までは出来ない」と、最初から腰が引けてる建築士もいます。
きちんと修繕が行われるまで、或いは、きちんと損害賠償が支払われるまで交渉に
当たり、最後まで見届けて下さろうとする誠実な建築士は、実際の所、ほんの数人
に過ぎないのではないでしょうか?
被害者に寄り添っても、「骨折り損のくたびれ儲け」。
大きな建築会社の傘下に入って、縋(すが)りついて、安泰に過ごすほうが、どんな
に楽か知れません。
ですから、保身を優先した業者寄りの建築士が殆どであって、被害者にとって、
建築士を探すということは、至難の業なのです。
では、弁護士は、どうでしょう?
弁護士ほど、ピンからキリまでの職業は無いかも知れません。
私どもは、欠陥検査を行っている建築士に、弁護士を紹介して頂いたのですが、
これは、やめたほうがいいです。
欠陥検査を行っている建築士が、信頼のおける、実力のある弁護士と組んで
仕事をしているか?というと、そうではありません。
ですから、欠陥検査は欠陥検査、弁護士は弁護士で、分けて依頼したほうがいい
です。
「短時間・最短距離で」解決出来るかどうかは、弁護士さん次第と言っても過言では
ありません。経験の無い、頭の悪い弁護士ほど、プライドが高くて厄介なものです。
アドバイスとして申し上げられる事は、一般の人が、傍聴人として裁判を見学する事
が出来ますから、裁判所に足を運んで、実際に裁判の様子を見て相手に対して
はっきりと物が言える
ポイントを突いて詰める事の出来る弁護士を探す!これも
一手だと思います。

「短時間・最短距離で」解決に向かうには、被害者同士が自分の経験を生かして、
「優秀で熱心な建築士、弁護士」
「駄目で使いものにならない建築士、弁護士」
の名前を教え合って、人格的にも能力的にも信頼出来る人達に依頼をするしか
道はありません。どうしようもない人達は、振い落とされていけばいいのです。 
被害者が悪徳建築士や悪徳弁護士によって、二重、三重被害に遭わない為
には、被害者同士の情報交換が必要です。
皆様の体験談を、是非こちらのブログへお寄せ下さい


プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する