スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「着ぐるみ」を着た・・・

欠陥検査を行っている I 建築士に紹介されたM弁護士は、  
       「微罪では、警察は動いて呉れない」
                 「強制執行をしても、何も取れない」 
                                そう言うばかりで、何もしようとしませんでした。
自分も動かないばかりか、被害者が積極的に動くことを嫌う人でした。 
これまでの経験から・・・」と言われてしまうと、被害者は、「そうか・・・」と思って
しまいがちです。
しかし、それでは、物事は解決しません。
時効の問題 あるのです。 
  
<業者寄りの弁護士がいる>ということを、頭の中に入れておいて下さい。 
  <愚鈍な弁護士がいる>
ということを肝に銘じて、決して鵜呑みにしない 
     で下さい。 
業者に、ニセモノの書面 渡されているかも知れません。 
脅迫のような電話 が来たら録音をし、メール が来たら残し、 
 迷わず警察署の「知能犯課」 に駆け込んで 下さい。
  ※ 当方の愚鈍な弁護士が言っていたように、「微罪だから取り上げてくれない」
 
    などということはありません。
     話している最中に、犯罪となる箇所が、新たに色々出てくるかも知れません。
     事件が立て込んでいるから「後日また」と言われることは有るかも知れませんが、
          市民から相談が有れば、受ける・それが、警察の仕事です。
     相談に行けば、警察は、ちゃんと話を聞いて相談にのって呉れ
 ます。
    (本来であれば、行政の役割ですが、日本の行政は業者寄り、或いは、
     業者からの圧力を怖がって何も出来ないのが現状です)
   
              
業者が一番恐れていること!!それは、被害者が警察に駆け込 
んで、 刑事事件にされる事です。(行政も同じです)  
 したたかな業者は、詐欺師と言っていいでしょうから、  たたけば、 
ボロは、必ず出てきます。 (行政もボロ隠しに躍起です) 
特に、時効が迫っている方にとって、最善・最短の策が、警察です。     
                    * * * * * * * * * * * * * * * * * 
建築士は、「建築士の着ぐるみを着た三文画家」・・腕を磨くことを忘れた策士です。
弁護士は、「弁護士の着ぐるみを着た銀行員」・・いつも金勘定ばかりしています。
行政は、「人間の着ぐるみを着た機械」・・前例踏襲で決まったことしかやれません。
そう思ったほうが、賢明です。
     「使命感」を、どこかに置いてきた人達。
     「責任」を、吹っ飛ばして忘れてしまった人達。
     「信頼」を、簡単に裏切ることの出来る人達。 
残念なことに、被害者が、二次・三次被害に遭ってしまうことが間々有るのは、
生業の為だけに、被害者を・・云わば<食い物>にしている建築士や弁護士が多い
からなのです。
 
これら、要職に就く人々のを見れば、日本という国の将来が見えてきます。
これからの日本は、右を向いても、左を向いても、ますます、こんな人間だらけ
の国になるのでしょうか?
信じた人が足元をすくわれ、食うか食われるかの国になど、なって欲しくない
ものです。 

 
 
 
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。