スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人は善意の塊でなければ・・・

メールを送ります。
新築時点の施工不良を、違う会社が請け、現在、私どもが大規模修繕工事を
しているところです・・・・・・・・(略)・・・・・・・・
「欠陥・手抜きは許さない」この言葉を胸に深く刻み込み、働いております。
被害者を出さない・出させない夢物語が実現できるように努力致します。
ここで問題なのが、工期というものです
或る人の電話相談なのですが、「工期が延びたら、時賠償請求出来るのか?」
との質問がありました。答えは「出来ます」ですが、「突貫工事になり不良物件に
なります」としか、答えられませんでした。ここで、自分に問いかけました。
工期とは何だろう?良い物の推進に工期とは?などなど・・・・」
基本は、工期を守り・納期を守り・品質を保ち・・(この末尾は虚偽です。良い物を
つくるには時間がかかります。日本の天候では)。
   
悪いものは悪い!これは、間違いのないことです。
   職人さんも声を上げられれば、良い物が出来ると思います。
  (会社=高利益と考えているところが多いのではないかと思います
) 
 
番肝心なのが、その会社の<代表者>が来るか?来ないか?
そして、最後まで<代表者>が来るか?来ないか?
自ら説明するか?しないか?です。
<代表者>が前線に出る事は、相当良心的な組織です。
多くの声を聞いているでしょうから、助言もして貰えるでしょう。
人は、「善意の塊」であり、 「悪意の塊」ではない。
悪意の有る者は、人を辞めるべきではないかと思います。
個人的感想ですが・・・・
                *  * * * * * * * * * * * *
私どものブログを見て下さり、「漏水だけでも早く直さないと・・・・暇を見て自分がやっ
てあげましょう」そう申し出て下さった方からのメールです。
赤の他人が、無責任に、デタラメに行った工事現場を、「なんでこんなにブザマな生き
方をしてるヤツがいるんだろう!」そう言って、心の中で憤怒の涙を流しながら、毎日、
欠陥工事の修繕をやって下さっている方がいらっしゃいます。
やっても、やっても、次から次へと欠陥の現場は増えるばかり。
修繕の仕事は、新築工事の、何倍も、何十倍も、手間が掛かるのです。
建築士を目指す若者に、実技と理論を、基本からきっちりと、じっくりと、教える、
と同時に、人格を育てる建築士専門の学校を作らなければ、法律だけをいじっても、
駄目だと思います。ここまで、腐ってしまってからは、無理なのかも知れませんが・・・
今のままでは、日本は、このままでは絶対にいけません。
 

 
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。