スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築業界、こんな奴らばかりではございません

 *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  * 
私どものブログを読んで下さっている方からメールを頂戴致しました。 
全文を、そのまま載せさせて頂きます。 
人を信じられなくなった被害者の方々、 
これから先を、どうしようか考えあぐねておられる被害者の方々、 
この暗闇から、少しでも早く脱することが出来ますように、     
どうぞ、頂いた同業の方からのメールをお読み下さい。 
  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *   
以前よりブログを拝見しておりますが、遅々として進まぬ賠償、補修に苛立ちと
不安を募らせております。
私も、建築業界に身を置くものでありながら、具体的な手助けが出来ずに、
不甲斐なさを感じています。
本日は、大変勝手なことを申しますが、お気を悪くなされましたら、申し訳ござい
ません。
いつ賠償金を払って貰えるか、いつ適当な補修をして貰えるのかと待つよりも、
まず、大規模な補修工事をすべきと考えます。
本来であれば、数十年は持つであろう木造住宅も、〇〇様のお宅は、日々腐朽
が進んでいることと察します。
一刻も早く補修をしたい。
まともな家にしたい。
しかし、工事をするにも先立つものがない。
そのような状況であることは、想像に難くありません。
そこで、私からひとつのご提案を申し上げます。
みんなで協力してやりましょう。
恐らく、「欠陥住宅ブログ」は、多くの建築関係者に見られているはずです。
現に、補修工事の申し出をされた方もいらっしゃるようですね。
足場を組んで、外壁をはつって(全て剥がす)、下地の傷んだところを直して、
防水をし直して、また外壁を塗り直す。これだけでも、
・足場屋
・左官屋
・大工
・防水屋
・電気屋?
・水道屋?
・内装屋
くらいの職種は絡んできます。
パッチワーク的な部分補修ではありません。
全面補修です。
簡単ではありません。
すべて無料でするのも難しいでしょう。
でも、多くの方が力を貸してくれるはずです。
他力本願?それでもいいではないですか。
良識ある方々、仲間の力を借りましょうよ
建築業界、悪い奴らばかりではございません。
今のまま、時間だけが過ぎていくよりは遥かにいいと思うのです。
(裁判での“現状維持”や保証させる関係で、証拠を残しておきたい、といった
理由があるならば仕方ないですが)
「ワークショップ」というのをご存知ですか?
家づくりにおいては建築工事の過程で、一般の方でも出来る工程を、見ず知らず
の人同士が集まって協力して作業することです。
〇〇邸ワークショップという形ででも、広く呼び掛けて協力者を募るのです。
ただし、この方法にはリスクもあります。
責任は誰が取るのか(以降の保証など)
工事の管理・監理は誰がするのか
本当に漏水を止めることが出来るのか
必要な人員が集まるのか
・・・・・・
これ以外にもあるでしょう
それでも、放っておいても良くはなりません。
この先、何十年とこの家にお住まいになるのであれば、まずは補修を。
もし、このご提案をご検討いただけるのであれば、まずブログで呼びかけて
みませんか?
どれだけの方に賛同頂けるかわかりませんし、本当に出来るかもわかりません。
呼びかけで集まった方々と、実施に当たっての計画を入念に練って、掛かる費用
を検討して、その上で、実際に行うかどうかを決めればよいのです。
私も、出来る限りのお手伝いをさせて頂きたいと思っています。
どうか、この無責任なご提案を一度ご検討いただけましたら幸いです。
                   *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *   *  *  *  *  *  *  *  *  *
この家を建てた「清水建築工房」社長から始まって、建築士といい、弁護士といい、
司法、行政に関わる人々・・・残念ながら、私どもが見てきた誰もが、正義のもとの信念
を持った人々ではありませんでした。
お金に群がり、考えるのは自分の保身のことだけの<風見鶏>。
8年に亘る闘いの中で、「日本という国は、根っこから腐っている。本当に救えない国だな」
そう痛感させられる日々の連続でした。
同業者の方から、このような励ましのメールを頂いたのは、私ども家族が、「もううんざり」「日本なんかに住みたくない」・・・そう思っていた時でした。
じつは、このメールを下さった方のように、私どものブログを見て、身の危険や健康を心配
して下さって、この夏、手弁当を持って、無償で我が家の修理に来て下さった方々が
おられます。
その方は、東日本大震災の時にも、いち早く現場を訪れ、一日一時間位しか寝ないで、
何ヶ月も復旧の仕事に当たられたそうです。
その方も、今、良識の有る同業者を集めようとしておられます。
皆様に呼びかけをさせて頂いて、皆様のお力をお借りしながら、「修理を最優先に
考える」ようにしたいと思います。
大変ありがたいご提案を頂きまして、有難うございました。
 心より 感謝申し上げます。



プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。