これまでに掛かった費用


*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *   *  *  *  *  *  *  *
日本中に、建築士、弁護士は、数多いる中・・・実力と、誠実・実直な人柄を兼ね
備えた人達は、ほんの一握りしかいません。
その一握りに出会う為に、被害者は、裁判に向かう前に、相当の「時間」と「費用」
と「労力」を使い果たさなければなりません。
被害者の「時間」と「費用」と「労力」を、極力最小限にする為に、被害者個々が動
き回るのではなく、パソコンで情報を交換し合い、ダメな建築士はダメ、ダメな弁護
士はダメ・・・「この人に相談すべし」という情報交換の場をつくっていきませんか? 
是非、私どものブログに建築士・弁護士に関する情報をお寄せ下さい。
               ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 
 
★★ ご参考までに、これまでに掛かった費用を公表させて頂きます★★

検査・交渉費用として
建築士現地調査量 +報告作成料 =   114,000 円 
欠陥検査鑑定料 +見積もり料    =    858,750 円 
 
交渉立ち合い費用           =    144,270 円                   
                      計     1,166,520 円

裁判費用として弁護士へ
着手金      1,050,000   円
成功報酬      1,000、000   円 
実費            71,720   円           
                計        2,121,720 円

欠陥が発覚して以来、これまでに掛かった費用として、実に 328万8240円
掛かっています。
建築士や弁護士に相談に乗って頂いた費用、交通費、通信費など、諸々掛かった
お金は、これに含まれていません。
「清水建築工房」社長:清水が、誠実に修繕に向かえば、被害者が支払わなくて
済んだお金です。
「清水建築工房」社長:清水の罪深さを、皆様で考えてみて下さい。

更に、
北鎌倉の300坪の土地を差し押さえ、仮処分を行った費用として
( 弁護士費用+ 横浜地方裁判所へ )
着手金 + 日当 +仮処分報酬 +仮処分費用 = 1,510,000 円
妻の名義から清水氏の名義に戻す費用として
着手金 + 日当 + 実費  =               428,856 円                                                                              計      1,938,856  円                          掛かりました。
これから、この土地を競売に掛ける手続きを進めるには、更に810,000円 
掛かります。
北鎌倉に300坪と言っても、駅から徒歩20分もかかる急傾斜の山林です。

土地を買って、家を建て、全額支払った後に、522万7096円 掛かっ
たのです。
        
日本政府は、被害者を出さない策、被害者を救済する策を殆ど取ってこなかった。
余りにも、建築業界を守り過ぎ、嘘や騙しの温床にしてしまいました。
建築業界の腐りきった体質は、東電の体質と同じです。
加害者は、欠陥・違反を放置して、高見の見物をしていればいい。
加害者は、高鼾で寝ていればいい。
加害者は、知らぬ存ぜぬを通せば、逃げ得が許されてしまうのです。
国も、行政も、責任のすべてを被害者に押し付けている、その結果の理不尽さ、
不公平さが、被害者が負わなければならないこの金額に現れています。
ここまでしても闘わなければならないのは、被害者が団結して、強くなって、物を
言っていかなければ、いつまでも、何も変わらないからです。
地震や台風によって、多くの命が失われる前に、被害者一人一人が手をつない
で、大きな組織にし、社会問題にしていかなければなりません。
被害者の方々、是非、私どものブログにご連絡下さい。




プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する