スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市役所に責任は無いのか?市長からの回答ー3-

      
藤沢市長からの手紙3枚に亘って、すべてを、このブログに載せて参ります。
まさに他人事。
藤沢市役所に責任は無いのでしょうか?
書面の内容に、腹立たしさを感じずにはいられません。
是非、お読みになってご感想をお聞かせ下さい。

       ※ JIA神奈川は、欠陥工事工事以前の問題として「清水建築工房」社長
        に対し   
                
・設計図書の不在
                 ・工事監理者の不在   
                                       ・工事管理者の不在
                 ・工事体制の不明
                 ・契約書の不備 
                 ・建築士の建築主への技術的説明の欠落
                 ・建築確認の検査がなされておらず、「検査済み証」
                 が無い       事を指摘しています。
                   *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *
以下、藤沢市長からの回答です。

⇒平成17年に現在の公益法人日本建築課協会神奈川強い機会(JIA神奈川)にも相談
され、検査済み証が無いことなども既に〇〇様は把握され、また、平成19年に第3者の
建築士事務所(日本建築検査研究所)により「〇〇様邸施工瑕疵に対する鑑定意見書」
を作成され、それをふまえ平成20年10月に東京地方裁判所に建築士に対する損害賠
償請求を提訴され平成22年6月には調停が成立しております。つまり司法の場により
建築物の違法性と欠陥について既に明らかとなっており、一刻も早く賠償金支払いが
履行されることが最大の課題です。
市職員がご自宅にお伺いした際、〇〇様は建築士の強制執行妨害罪等をふまえ警察
への告訴も検討されているとのことでしたが、これまでの経過から現在の状況では
この分野のご専門の弁護士等にご相談され、司法による問題解決が現実的解決と存じ
ております。
「市に責任はある。しかし、県に報告する事ぐらいしか、市は何も出来ない」と建築指導
課長が申し上げたとご指摘されましたが、これまでの本市建築行政において、検査は
完了検査の申請が市に提出されたものについて行い
、または建築中の物件について
反パトロールの実施近隣にお住いの方からの通報により行っており、この度のよう
な県について確認できなかったことは誠に遺憾と存じておりますが、この点につきまして
は今後の市の課題としていくことを申し上げたところです。
神奈川県の建築安全課が当該建築士の処分を行うためには、現時点に於いても特定
行政庁である本市が違反建築物の特定を行う必要があることから行ったことであり、
前述いたしました違反及び建築物の欠陥につきましては、損害賠償に係る司法の
中で解決していただく内容であると存じます。
いずれにしましても、〇〇様が一刻も早く建築士との紛争を解決し、安全・安心な
暮らしを取り戻されることを心から願っております。 

           *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  
一つ一つについては、この後に反論して参ります。
また、藤沢市長から届いたこの回答を、この後、出来る限り多くの国会議員に送付させて
頂くことにします。

行政は、「家」に対して、どういった価値観を持っているのでしょうか?
行政の、「家」に対する考え方が、全く見えてきません。
「家」はコンビニで売っている品物と同じであっていいでしょうか?
「家」は使い捨てなのでしょうか?
建築業界の実態を、行政は知らな過ぎる・・・いや、知っていてもほっかぶりを
して知らないふりをしている。
建築士のモラルなど、とっくに消え失せてしまったことを承知しながら、いまだに性善
説を変えようとしません。
技量も知識もない建築士に、安易に資格を与え、やりたい放題に、成すがままに
させているのは、行政の責任です。
日本という国は、「家を建てる」ということに関して、ほとんど無策:方針も打ち出され
ていなければ整備が何もされていない、手付かずの状態です。
新築を促進させる前に、国には法律をきちんと整備して、客に被害が及ばないよう
にする義務と責任が有る筈です

法律はザル状態。なのに、行政は、この通り・・・責任を全部客に押し付けて、改善
に向けての具体策を打ち出そうとはしません。 
行政は、3.11の教訓から、何を学んだのでしょう?
何も学ぼうとしない。何も反省しようとはしない。傲慢なままです。
来年4月から消費税が上がる前に、家を建てようとする人達で、週末、住宅展示場
は、家族連れで、最近にない盛況振りでした

今日も契約をした家族がいるでしょうか?????
踊らされてはいけません。
欠陥・違反住宅を建てられてしまったら、検査費用・弁護士料・裁判費用で住宅所得
減税や、消費税どころの額では済まなくなります。
信じることは、「裏切られること」、信じることは、「馬鹿をみること
」 
「家」を建てる事は、決して甘い夢を叶える事ではありません。
「闘い」の始まりです。 

契約をしてしまったら、そこで、闘いのゴングが鳴るのです。
国も県も市も、助けてはくれません。何もしてくれないのです。
絶対に、契約を急がないで下さい! 
絶対に、業者を信じないで下さい! 
 
家族が崩壊する危険性があるということ、
一生を台無しにされる可能性があるということを覚悟して頂きたいのです。 
 



プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。