欠陥・違反住宅が出来るまで

    
   欠陥は[戸建て住宅]に限って起こっているわけではありません   

***南海辰村建設が建てたマンションに見られるように、マンションでも欠陥
は、発生しています。
姉歯事件以来、チェック体制が強化され「マンションは大丈夫!!」と思ってお
られる方が多いと思いますが、南海辰村建設が問題のマンションを建てたの
は、つい最近のことです。

現場で実際に工事に携わっている業者の方に伺ってみると、「現場写真なん
か、とてもじゃないけど見せられない・・怖すぎる・・写真を見たら誰も買わない
・・」とそう仰います。
実態は何も改善されていない。何も変わっていないのです。
***韓国で起きた海難事故で多くの若い命が犠牲になりました。
専門家は、もし、日本で同じ事故が起きたら厳しい管理体制と乗員の訓練の
もと、多分、犠牲者を出さずに、全員の命を救うことが出来たと言います。
確かに、四方を海に囲まれた島国であれば、海難事故等の訓練は長けて
いるでしょう。

国のメンツを優先するがあまり、二の足を踏んで、初動段階から韓国トップの
判断ミスが有ったことは否めません。
しかし、さも日本は優等生であるかのごとき報道には、賛成しかねます。
建築業界から桁違いの献金を受け、その代り、欠陥・違反住宅には、
手を付けないで、目をつぶる。
安全は二の次三の次・・ポンコツ船しか造れない職人に安易に免許を与え、
ポンコツ船を高値で客に売る業者を、遣り過ごして、見て見ぬふりをしている
のです。ポンコツ船であることを知らずに買った客は、危険な海に出て、
沈んできて初めて、ポンコツ船を買わされた事に気付かされる・・
これでは、韓国と何も違いません。
利益を優先するが為に、安全を蔑ろにしてきた韓国客船の末路は、起こる
べくして起きた結果です。
それは日本の建築業界とも重なります。
日本という国家、そのものとも重なります。
国を挙げてきちんと足元から見直し、体制を変えなければ、日本は韓国の
批判など出来ない・・決して対岸の火事ではないのです。
私どもが経験してきた、地獄のような日々を、誰にも送って頂きたくない・・
警鐘を鳴らす意味で、私どもはこれまで、本を出版する準備をしてきました。
準備が整いましたので、本の目次から内容を察して頂きたいと思い、一部を
ブログに載せさせて頂くことにしました。

             ① 違反・ 欠陥住宅が出来るまで 


 1  湘南の地で新たな出発を
 2  膨らむ新しい家への夢
 3  社長との出会い
 4  熱心な会社??
 5  契約後ぱったりと来なくなった連絡
 6  迷走する打ち合わせ
 
7  やっと上棟
 8  これで大丈夫?? 
               ・ ここは、窓のはず
            ・寝室の天井に、トイレの配水管がむき出しに 
 9  「私が責任を持って工事を進めて行きますから」 
        そう言って、社長自らが担当になったけど・・・
10 入れ代わり立ち代わりの社員  
         担当者が途中で替わって、これで4人目・・・    
11 「その時々、現場で決めて行く。それが地元工務店のやり方」と社長。
         客に絵を描かせて、絵を見ながらの工事
         なぜ、設計図を引かないの?
12 目の前で担当者に馬鹿にされて、
         社長って本当に責任者?
13 進まない工事
         連絡無しに、現場に職人が来ない日々
14 社長を信頼できない。他の会社に頼みたい。
         ・支払っってしまったお金はどうなる?
          ・この後の工事を引き受けてくれる会社は有る?
                 ・誰に相談すればいい?
15 客の工事をほっぽって   
        社長の自邸を建てる為に、職人を全部連れて行くって有り?  
16 済んでいない引き渡し
17   渡された書類は、ニセ 『検査済み証 』


                      ② 欠陥の発生
 
 1 漏水の発生
 
 2 どこに相談しても埒があかない
        ① NPO法人への相談 
  
      ② 紹介された弁護士への相談
        ③ 神奈川建築協会への相談
 
 3 腰砕け建築士
 4 「日本建築検査研究所」 って
 5 まさかこんな構造上の欠陥が・・・  
 6 社長の対応
 7 次々と発生する漏水

                ③ ついに裁判へ

 1 東京地裁民事二十二部
      ① 調停員って何者??  
        ・被害者を傷つける発言
        ・加害者に有利な誤った判断
      ② 次々と交代していく裁判官
      ③ 実地検証
         晴れた日に漏水現場を見て何がわかるの?
         風の無い日に隙間風ってわかるの?
         床下も天井裏も見ないで、真剣に見たと言えるの? 

 2 調停での争い
      ① 地盤・・・なぜ柱状基礎になったのか?? 
       ② 柱状基礎がズレている
      ③  木造2階建てを註文したのに、これって3階建て??
      ④ 無筋基礎 基礎が無い
          ⑤  梁が無いッ  強風で家が揺れる原因か
      ⑥ 基礎がボルトで固定されてない
      ⑦ 「建築基準法違反」:階段幅が狭くて家具が上がらない
      ⑧ 窓・ドア・換気扇・・サッシ周りは漏水だらけ
      ⑨ 床下一面漏水
      ⑩ 断熱材が入ってない
      ⑪ 室内を吹きまくる隙間風 
      ⑫ きしみ音だらけの床と階段
      ⑬ 風呂を焚くとザーザー音


プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する