「逃げたGPライダーを追え!!」15 言い繕いと取り繕いと!!

言い繕いと取り繕いと!!

実は、この階段の狭さは建築基準法に違反していた。
それには客は気づかなかったが、こんな狭くて曲がった階段では荷物が運べないと心配していた。2階がリビングになるので、階段は使いやすい物にして欲しいと言っていたのに、こんなことになっていた。
2階にはキッチン、子供部屋もある。大きな冷蔵庫、ピアノを2階に上げなければならない。
実は、設計当初、詳細な持ち物リストを設計士に渡し、どのような物をどこに持ち込むか設計士に示していた。もちろんちゃんと持ち運びができるよう設計してほしいがためである。
設計士が自宅に打ち合わせのために来てもいたから、どのような物を持ち込むか現物を確認することもできた。
客が催促もした。
しかし、清水建築工房の設計士Mはそんなことには、全く無頓着だったようだ。
それがここにきて大変なことになる。
引っ越しの日になって、階段から冷蔵庫は運べない、ピアノは運べないと大騒ぎになる。
冷蔵庫は、引っ越し業者がベランダの手摺に両足をついて立ち上がり、何人かがかりで、1階から2階に持ち上げた。
ピアノは、家の側の河岸道路を運搬車が通れるように、県の許可を取った。
その河岸から、レッカーで2階に持ち上げた。しかし、それでは済まなかった。
ベランダのドアを外す為に、ドアのメーカーの業者を呼んで取り外した。
これで漸く引っ越しも無事終わらせた。今度は、これを外に出すときはどうしたらいいだろうか、これからソファーを買うのに何処から入れたらいいか、またこんなことをしなければならないのだろうかという、客の心配をよそに。

2階に持ち運べず1階に取り残されたマッサージ機
椅子小 

プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する