スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「逃げたGPライダーを追え!!」18 善と悪・・・人の見境!!

 善と悪・・・人の見境!!

この信頼もついには崩れる。
客は、第三者機関に家全体の欠陥調査を依頼する。
その結果、構造的な欠陥が幾つも指摘されることになった。
地盤改良が柱状杭工法では駄目なこと、基礎のアンカーが使われていない、基礎自体がつくられていない、基礎に鉄筋が入っていない、屋根や床に梁が入っていない、断熱材が入っていない、基礎一帯が中庭から漏水しているなど、階段幅が建築基準法に違反するなど、指摘された所は21ヵ所にも及んだ。
客にとって一番ショックだったのは、基礎土台の欠けている部分があることだった。
何故なら、これは作業している大工がすぐに気が付くはずだ。
土台が無い上に、木を渡した人がいる、その欠けている土台に木枠をはめた人がいる。
それは、大工に違いない。毎日のように客の妻は、いい仕事をしてもらいたいがために菓子などの差し入れをしていた。
客自体も休日などには、現場に出掛けて行って雑談などをしていた。
この大工達を信用していた。
性善説は通用しない。
これまでの人生観自体が否定されたように思えた。
人間は信用できない。


基礎土台をコンクリートで打たなければならない部分を木枠でごまかしている。そこに外側から浸水している。
DSC00811縮小 

プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。