「逃げたGPライダーを追え!!」27 調停案の内容その1 続続 これに対する調停案!!

これに対する調停案は?
  

柱状杭がずれているのが確認された一箇所のみのグラウト工法を認める。
金額  473000円というものだった。
被害者が主張していた水が出る所に柱状杭による地盤補強は効果が無いという主張は認められなかった。
なぜ、大丈夫なのかという説明は、調停員からはなされなかった。
被害者が、調停の進行に協力して提案したグラウト工法を逆手に取られたことになった。
これが、裁判所のやり方だろうか。
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する