スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「逃げたGPライダーを追え!!」29 調停案の内容その3 風に怯える家!!

調停案の内容 その3
    風に怯える家!!


海に近い家なので、海から吹く風が強い事が多い。
「家が揺れて怖い」昼寝をしていた子供が、ベッドから飛び起きてきた。
確かに寝ていると怖く感じるのだろう。
台風のような強い風でなくても、ちょっと強い風が吹くと家全体が揺れる。揺れて、トイレのドアはガタガタと音をたてている。
テーブルに置いたコップの水の表面も揺れている。
何故こんなに揺れるのか。
欠陥検査では、土台や天井の梁の何カ所かが抜けていると指摘されていた。
梁が抜けていては強度が保てない。
しかも、3階建てであると指摘された。
被害者は、2階建てを頼んだはずだと言った。
何故、3階建てになったんだろう。
清水建築工房は、2階建てだと言い張った。
しかし、後日被害者に言われて遅ればせながら検査した藤沢市役所にも、3階建てと指摘された。
2階建てと3階建ての区分を、清水建築工房が知らなかったということだ。
それとも、知っていても、いいだろうとばかりやってしまったのか。
また施主のせいにすればいいと。
3階建てになれば、きちんと強度計算をしなければならない。
もちろん、構造計算などしていなかった。
裁判所は、どう判断して調停案を出してきたか。

プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。