防水専門業者の方の見解 その4 天板の施工の仕方

屋上の手摺の上の天板から水が滴り、手摺の壁が汚れてしまいます。

DSC01372縮小 DSC01373縮小 











これは仕方ないものと清水建築工房からは言われましたが、そうではないようです。

防水専門業者の方に見ていただきましたら、原因をきちんと説明してくれました。
天板の被りの深さが足りないのと、被っている部分の壁との距離が近いため(普通1.5cm以上なければならないとのこと)、水がごみと一緒に壁を伝って落ちるので、汚れるとのことです。
業者は、仕方ないとごまかす事がよくあります。しかし、おかしいと思った素人の判断が正しい事が多いのです。
おかしいと思った事は、納得がいく返事をもらうまで、きちんと主張しましょう。

天板を取ってもらいました。
DSC01332縮小 











釘のようなものが見えるのは、ホチキスだそうです。
ホチキスで防水紙を止めているのですが、ホチキスは錆びますし、そこから水が入ります。
ホチキスは抜いてもらいました。

報告書をいただきましたので、下記にそのまま載せておきます。 


無題  
プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する