スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狭い階段で足を踏み外し、妻が骨折しました。

階段幅 どうしても理解できないのです。建築基準法に違反したり、容積率を無視したり・・・建築士って何の為に資格が必要なのでしょう?
我が家は階段が凶器です。妻は骨を折り、全治2か月、手術の必要があると診断されました。子供も何度か踏み外し、怖いと言います。我が家のリビング、ダイニング、キッチンは2階にありますので、一日に何回も往復することを考えて設計しなければならないはずです。①幼い子供がいること②小型犬が5匹いること③足腰が弱ってきた親たちと、将来同居をする予定になっていることから「上りやすくて安全な階段にすること」を私たちはお願いしました。
しかし、実際にできあがった階段は、①手摺も取り付けることができない程、階段幅が狭すぎました。②踏板の形状(幅や奥行など)が全て異なっている為、一段一段足の置き場を確認しないと降りれないのに、③周りは壁で囲まれている為、暗く、狭いので、足場が確認できないのです。④段差が一段一段バラバラで、一番高い所と低い所では高さに10mmの差がありました。妻が足を骨折した最後の段では、5mmの差がありました。⑤更に、踏板がひずみ、13段のうち9段もきしみ音がして、足が沈む感じがします。妻が骨折したのは、上から降りてきて、だんだん踏み板が狭くなる最後の段でした。曲がってすぐの部分なので視野が不十分な上に、、床板がひずんで不安定になり、段差が違うということも加わって、最も踏み外しやすい場所になっていたのです。我が家では、階段が一番危険な場所です。これでは、建築士の資格って、何の為に有るのか、全くわからなくなります。これから、私たちも年を取っていくばかりなので不安です。
プロフィール

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。