スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎への浸水を止めることはできないか

中庭から浸水し、基礎は水浸しになっています。
そのおかげで、家中がカビ臭く、そのカビで気管支をやられてしまいます。
まず、これを何とかしないと、とても住み続けることができません。

下の写真は、1階の中庭のテラスドアの部分ですが、基礎土台は中庭の床面より下がっているので、きちんと防水しないと、雨水が基礎に侵入してしまいます。
Kさんの話によると、防水はしているようだが、なぜこんな防水をしているのかわからない、とのこと。
防水の仕方を知らないでやったようです。
そのため、雑な施工の部分から、どんどん雨水が基礎土台に侵入してしまうのです。

テラスドア下亀裂DSC00500 (1) 










しかも、テラスドアの下にはコンクリートの基礎が無く、木枠で支えているので、水が浸入して、この木枠が腐れてしまっています

テラスドア下の基礎



プロフィール

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。