スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中庭のひび割れから基礎への浸水

中庭周りの壁と床の取り合いに、全体的にひび割れが生じています。
施工も雑です。
調停中に、裁判所から大きな亀裂だけでも、とりあえず何とかするようにと言われ、
清水建築工房が来ましたが、ひび割れの中にシーリング材を打つという簡単な補修で帰ってしまいました。
その後も、シーリングをした周りに、ひび割れが発生していき、漏水は依然として続いています。



中庭周りひびDSC00583
 

中庭周りひび割れDSC00579 

中庭周りひびDSC00502 




























基礎に、下の写真のように雨水が侵入しています。
中庭から基礎への浸水DSC00817 

nakaniwakara DSC00805 





















基礎だけではなく、家の中の廊下にも浸水しています。
床への浸水DSC00777

プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。