何故、瑕疵担保履行法が制定されたのか 1

何故、瑕疵担保履行法が制定されたのか。
その理由について、国土交通省のパンフレットでは、次のように言っています。

構造耐震偽装問題で、新築住宅の売り主等が十分な資力を有さず、瑕疵担保責任が履行されない場合、住宅購入者等が極めて不安定な状態に置かれることが明らかとなったから。

まだ鮮明に記憶されている方も多いことでしょう。今から10年前、平成17年に起きた姉歯設計士の構造耐震偽装事件です。

しかし、自殺者まで出したあのスキャンダラスな事件が結局どのような形で集結したかについては、ご存知無い方も多いのではないでしょうか。
ちょっと調べてみましたので、整理してみたいと思います。

話を少し前まで遡らせなければなりません。
橋本龍太郎内閣の時、規制緩和ということが叫ばれました。
バブルがはじけた後の経済活性化のために、これまで規制があり、できなかったことが、どこでも誰でもできるような方向に緩和されていきました。

その規制緩和の一つして、これまで地方公共団体の建築主事しかできなかった建築確認、検査業務が民間でもできるようにされたのです。平成10年のことです。

構造耐震偽装事件は、この規制緩和でできた民間確認検査機関が、建築事務所の下請けで設計していた姉歯設計士の構造耐震偽装を見破ることができなかったことから、鉄筋不足などで耐力不足のマンション等が建てられてしまったということだったのです。

私の家の近くにも、この設計士の手になるマンションがありました。
グランドステージ藤沢と言いました。
藤沢市内の繁華街からちょっと外れた、いい場所に建っていました。

しかし、どう見ても建物が、いびつなのです外の非常階段の手すりの線がどう見ても直線には見えないなど、何だかあちこち歪んでる、垂直に建っていない、など一見して耐震不足とわかるような建物でした。

相当手を抜いた建物だと思います。これでは、内部告発されるのもあたり前でしょう。

プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する