建築確認では違法建築を見破れない、見破るつもりもない

建築確認を経なければ家を建てることはできません。
建築確認の中で、建築基準法の最低基準を遵守しているかを審査することになっているからです。

さらに、建築が完成した後に完了検査をることになっています。
確認したとおりに家ができているかどうか検査するのです。

だから、違法建築などできるはずが無い・・・
もし、この運用がうまくできているならばです。
しかし、実際には違法建築物ができています。

何故なのでしょうか。

その一つには、確認検査、完了検査が不十分だということがいえるのでしょう。
例えば、私の家の違法建築の一つである階段幅の違法を建築確認主事は見破れませんでした。
建築士は、故意か過失か、階段幅を図面には書き入れていませんでした。
建築主事は、階段幅がいくらか確認することをしませんでした。
そのため、見過ごされたのです。
これは一例に過ぎません。

しかし、完了検査があるから、ここで違法建築は指摘されるのではないかと思うのですが・・・
完了検査は申請がないと検査をしないのだそうです。
私の家のように、建築士が、検査を終了したと施主に偽る場合もあります。
完了検査が済んでいると思ったら、建築士が申請していなかったのです。

行政は、申請が無いからと言って完了検査をしなくていいのでしょうか。
完了検査の申請をするのは施主の責任にされています。
だから、行政が検査しなくても、それは申請しなかった施主が悪いということにされてしまうのです。

しかし、施主は建築の知識などありません。
ですから、確認申請も完了検査の申請も、建築士に任せているのが実情です。

建築士は、建築士法で、法に適合した設計をするよう義務づけられています。
建築士は、法に適合した設計図面を作成し、施主の代理者として確認申請を提出し、そのとおりに工事が進行する工事を監理し、さらに完成した場合は、完了検査の申請をし、検査に立ち合うことは当然の行為なのです。

しかし、建築士がこの当然の行為を履行しているかどうかを、素人である施主がチェックするのは難しいのです。
それは、やはり専門家でなければなりません。
そして一番身近な専門家であり、かつチェックする義務ある者が行政なのではないでしょうか。

建物が完成した時に、固定資産税の調査のために係員が来ました。
ですが、建物を見て回るようなことはしませんでした。
椅子に座って一歩も動かずに査定して?帰って行きました。

この時に、建築指導課の職員が一緒に来て、完了検査の申請の出ていない建物かどうかとか、違法な部分は無いかなどの調査ができていれば、その後の建築士との交渉や建築士に対する裁判の進行に大きく影響したことは間違いありません。

行政の影が薄いのです。

市役所の建築指導課の方は、建築の指導は、完了検査の申請の出された物について行っており、建築中の建物については、違反パトロールの実施や、近隣者からの通報によって行っていると言っていました。

しかし、我が家は数か月に渡って、建築途中で足場の掛かったまま、工事がストップしてしまい、養生の覆いも風であおられて、危険な状態でした。
道行く人達は、不審そうな顔で、この何時までも完成しない建物を見ていました。

パトロールをしていれば気が付くはずです。
本当に、パトロールってしているのでしょうか。

「なかなか進行していないけど、どうしました」と、もし行政が声をかけてくれたなら、どんなに助かったかしれません。
少なくともこれだけの欠陥住宅は建たなかったし、ここまでの紛争も生じなかったはずだと思うのです。

行政は、法に従ってやっているだけだと言いますが、ただ定められた最低限の事務手続きをしているにすぎません。

法の目的は何なのか、その目的遂行のために仕事をしているのだという自覚を持てば、その目的を達成するために、もっと進んでやるべきことが見えてくるはずなのです。

プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する