スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は違法・欠陥住宅を野放しにしています

日本は、いつから、これほど違法・欠陥住宅を許す国になってしまったのでしょう。

需要に供給が追いつかなくなった高度成長期と、500万円以下の工事なら誰でも出来るという規制緩和によって、建築業界は、一気に、メチャメチャになってしまったといいます。

被害者がどれ程いるか、相当の数に上る訴訟件数を見てもわかりますが、ただし、裁判まで辿り着ける被害者は、ほんの一握りです。

違反や欠陥に気が付いた時にはお金を払い終わった後で、闘うだけのお金が手元に残っていない。
だから闘いたくても闘えないのです。


被害者には、訴える部署も、聞き入れて呉れる部署もありません。
その上、どんなに頑張って裁判で勝っても、そこに被害者を守る法律が存在しない為に、加害者に逃げ得を許し、被害者に泣き寝入りを強いる結果になってしまう

・・そのことが、被害者に離婚やストレスによる自殺や病死など、沢山の悲劇を生み出している事実を、政府は知っているでしょうか?
私のブログには、そういった被害者たちからの悲痛な声が多数寄せられてきています。

インターネットによる情報発信の成果や、オリンピックを控え、外国人観光客が日本を訪れる数は年々増加している事は周知の通りです。
近代的なホテルよりも、最近は、下町情緒溢れた小さな旅館や、地方の古民家が人気だそうですが、観光客は、「日本は安全な国」と思って入国するでしょう。

直下型地震や南海トラフ等の地震がいつ来るか知れないこと、死者2万3千人という想定が出ていることなど知りません。

日本人独特の細やかなサービス、温泉や和食等々・・その前に、最優先されるのは「安全」であるべきです。

現状のままでは、世界に恥をさらすことになります。

プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。