被害者保護のため、財産開示制度の強制義務化等、裁判所に、債務者の資産を開示させ、加害者の損害賠償を実行化できる権限を与えるべきです

なぜ、裁判所は、判決を下すところまでしかやらないのでしょう?

加害者に、強制的に資産を公開させる権限すら持っていない。
加害者が損害賠償を払わない場合、強制的に払わせる責任も義務も無いのです。

強制執行手続きをする為の、お金を算段するのは被害者です。

加害者に逃げられたら、探偵や警察のようなことまでして追いかけなければならない、その算段をするのも被害者です。
それが出来なければ、被害者は、もうそれっきりお手上げです。
泣き寝入りをするしか道は残っていません。

「補償されない被害者」解決されなければならない一番大きな問題が、ここにあります。

被害者の保護のため、財産開示制度の強制義務化等、裁判所に、債務者の資産を開示させ、加害者の損害賠償を実行化できる権限を与えるべきです。

プロフィール

kekkanzyuutaku

Author:kekkanzyuutaku
欠陥住宅を建てて逃げた茅ヶ崎市の清水建築工房の社長を追っています。御存知の方はお知らせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
フリーエリア
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する